それぞれの葬儀の形のメリット・デメリット

火葬・家族葬・一般葬、それそれにメリットデメリットがあります。それぞれのメリットデメリットを比較し、ご自身にもっとも当てはまるお葬式の形をお選びください。

お葬式の種類

ご葬儀のカタチを選ぶポイントは、どの程度の人数を呼ぶのかを目安に決めることです。「どの範囲までお知らせするのか」を明確にすることが大切です。

参列者の人数で直結する費用は
飲食・返礼品の費用です。

お知らせする方を事前に
ピックアップしておくことが大切です。
年賀状などで、だれを呼ぶかを
確認することをオススメします。

一般葬のメリット・デメリット

昔から受け継がれてきている一般的なご葬儀のカタチです。ご家族・ご親族だけでなく、知人・友人やご近所の方、会社の方などをお呼びしてお見送りします。

メリット

多くの方に
故人を見送ってもらうことができる

葬儀後の弔問者の対応が少なく
負担も少ない

デメリット

ご葬儀当日は気を配ることが多いので、体力的にも精神的にも負担が大きい

費用面での負担が大きい
(ただし、ご香典である程度まかなえます)

家族葬のメリット・デメリット

ご家族・ご親族を中心に、故人様と親しかった方だけでお見送りするご葬儀です。
偲ぶ時間を大切にし、習慣やしきたりにとらわれず、ゆっくりと最後の時間を過ごしながらお見送りするカタチです。

メリット

ご挨拶や接待などに振り回されることなく
最愛の方と最期のお別れをゆっくりと過ごすことができる

形式にとわれない、
ご遺族の想いを優先したお見送りができる

家族葬は基本的に自分の家族と親族
気の知れた方々で行いますので、
気疲れすることなく常にリラックスして
過ごすことができる

デメリット

葬儀後に多くの弔問者が自宅に訪れる。
知人からは「なぜ知らせてくれなかったのか」とクレームが入ることがある

家族葬の周知が行き届かず、葬儀当日
お呼びしていない方のご会葬に頂戴し
その対応に困る

ご会葬者が少ないことにより、香典収入が減るため結果的に葬儀費用が高くついてしまう場合がある

直葬のメリット・デメリット

必ず行う火葬を中心に考え、必要な物だけを負荷していくセミオーダー型。通夜・告別式は執り行いません。

メリット

祭壇や会葬者に対する接待の費用が不要になる

葬儀式を行わないので、本当に親しい人たちだけで故人をお送りすることができる

デメリット

通夜・告別式なでの儀式を行わないので、充分なお別れを行うことが事実上困難

訃報を知らせなかった方などから、「なぜ知らせてくれなかった」とクレームが入ることがある

フリーダイヤル 0120-22-0983
24時間365日相談専門員が担当いたします。
お一人お一人、個別にお作りいたします。 経験豊かなスタッフがご案内いたします。 万が一の不安を解消いたします。
資料請求 お見積り メールで相談 ご葬儀費用の割引

新着情報

川崎市高津区と中原区で激安葬儀と家族葬を展開中です。

2019/02/09

川崎市高津区と中原区で激安葬儀と家族葬を展開中です。以前の限定パッケージではなく、昨年より弊社の通常プランとして、ほかの葬儀社や葬儀紹介会社ではとても提供できないすごくお得な家族葬プランと火葬式プランを取り扱っております。川崎市民の方へは火葬費用もプランに含んで提供していますので...

川崎市高津区の葬儀 社、家族葬

2019/01/29

川崎市高津区の葬儀 社、家族葬。家族葬は極々近親者のみでおみおくりするお葬式です。帝京大学医学部附属溝口病院や総合高津中央病院などで残念ながら御逝去された場合は、溝の口の葬儀社である弊社、エンディングセレモニーあいか(株式会社 愛花想)が搬送のお迎えに伺います。高津区二子、瀬田、...

平成31年始まりました。

2019/01/13

いよいよ平成31年が始まりました。平成元号最終年との事で新元号は4月1日に発表されるとの表明がされました。昭和64年が平成元年となった様に、この平成31年も〇〇元年となるんですね。弊社、株式会社愛花想では葬儀事前相談会を開催しております。初めての葬儀、お葬式。初めての喪主。初めて...

PAGE TOP